今日からお手軽に水素入浴。あなたのお肌がしっとり、ツルツルに!お家でかんたんエステ! 自動洗浄機能付きでお手入れ簡単な最新型水素水サーバー 忍者ブログ

いい人と出会って、楽しく恋愛して、素敵な結婚をするために・・・ ブライダルネットのパーティ、出会広場、海外ウエディング・・・ 片思いではなく両思いでも恋愛テクニックは必要です。 キスやsexが巧くなるのも恋愛テクニックの向上につながるはず。

カテゴリー「デキ婚」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

相手のにくらしい男がデキ婚の挨拶なんかに来たら、どう対応したらいいですかね。
たとえば、デキ婚で困ってしまうのが、相手の親御さんに挨拶に行くときです。
そして、デキ婚する相手の父親が、体育会系の頑固おやじだったりしたらとんでもないことです。
しかし、デキ婚であることを隠し通せるものでもないので、挨拶に行って正直に言うしかありません。

挨拶に行こうものなら、デキ婚をするようなふしだらな娘ともども、絶対にぶん殴られるでしょう。
考えてみれば、デキ婚じゃなくても結婚の挨拶は、娘の父親も結婚相手の男も、両方とも怖いものでしょうか。
デキ婚の場合、相手の父親にも母親にも、あいさつに行くためのハードルは跳ね上がるものです。

デキ婚の場合、世間からはあまりよい目で見られませんから、いろいろ注意が必要です。
デキ婚すると決めたのだから、挨拶に行くときに殴られるくらいの覚悟がなくてどうしますか。

ひるがえって、自分が父親になって、かわいい娘がデキ婚するとなったらどうしましょう。
とはいえ、デキ婚だからといって挨拶に行かなければ、やっぱり怒られ、後日殴られるでしょう。
まあ、わたしはデキ婚どころか結婚する予定もないので、挨拶のことなんか考えていませんが。

このハードルの高さはとんでもなく、デキ婚ともなれば、もはや棒高跳びレベルです。
それが特にデキ婚ともなれば、お互いに、より気を使って挨拶しなければならないのでしょうか。
ぶん殴ってやりたくなるかもしれませんが、殴り返されたら、若い奴にはかなわないかもしれません。

いや、デキ婚と知っている親御さんのところに挨拶に行くのは、かえって怖いかもしれません。
まして、それがデキ婚ともなると、どれほどの恐怖を味わわなければならないものでしょうか。




PR

いやいや、デキ婚どころか見合い結婚が普通だったのではないでしょうかね、明治大正まで戻らなくても。
可能性がゼロではない以上、わたしもデキ婚の割合を高める側になるかもしれないのです。
こんなわたしも新しく彼女ができたら、もしかしたらデキ婚ということになるかもしれません。
実際のところは知らないのですが、あのころは、婚前交渉すらタブーではないかと。

デキ婚うんぬんより、日本人は見合い結婚の勢いを取り戻させて、少子化に歯止めをかけるべきかと。
芸能人とかって、なんだかデキ婚の割合が高そうなんですけど、これは偏見でしょうか。
そのときの避妊体制はしっかりしていたと思いますが、それでも妊娠とデキ婚の可能性はゼロではありません。

あるルートから話を聞いたところ、若い年代ほどデキ婚の割合が高いみたいですよ。
わたしとしては、庶民の世界でのデキ婚の割合を知りたいと思っているのです。

デキ婚について、芸能界の割合なんかを考えても、仕方がないのかもしれませんね。
デキ婚以前に、結婚をしたがらない人が増えているという話もあるのですよね。
そうすると、デキ婚の割合を、わたしの手で高めるということになるのかもしれません。

ああいう業界は手が早い人が多そうで、結果的にデキ婚の割合も高まりそうですが。
まあデキ婚とは縁のなさそうなわたしですが、それでも彼女と婚前交渉くらいはしたことがあります。
結婚するつもりがない人が増えているが、妊娠したので結婚するというデキ婚の典型的ケースがあります。
そう考えていくと、妊娠しない限り結婚しない、つまり結婚はデキ婚だという人の割合も増えていそうです。
しかし、中高年でも割合は低いですがデキ婚するカップルもいるので、人間の情熱ってすごいですね。
 





  
フリーエリア


カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ
Copyright ©  -- めぐり逢いあれこれ ~ 出会い・恋愛・結婚 ~ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]